苫米地式コーチングを地球全体に広めるアースコーチングのブログ

認知科学者の苫米地英人博士が広められている苫米地式コーチングをさらに加速させるブログです。 ブログ開設時の私のゴールは「地球を”want to大陸”として一つに統合する」 です! アースコーチング設立時のゴールは「地球をひとつの家族にする」です。 苫米地英人博士並びに青山龍マスターコーチから直接ご指導をいただいています。 メールアドレス:earthcoaching.com@gmail.com コーチングに興味がある方はお気軽にメールください。 コーチングで激変していく人生の楽しさをお伝えしたいです! 苫米地式コーチング認定コーチ/アースコーチング代表 於土井洋輝

2015年11月

最近ずっと作業していたことなのですが、実は本を書いていました。

丸3日かけて自伝を書きました。

ただ自伝と言っても、全てを書くと内容もゴチャゴチャするし、自分の満足のために書き過ぎるだけなので、思い切って半分くらいバッサリ削ってコーチングという1本の線を通して再編しました。

タイトルは『人生の応援団長になる』です。


本当は電子書籍として出版しようと考えていたのですが、かなりプライベートな内容なので今回はどうしても読みたい方だけに個別にお見せすることにします。

私という人間がどうやって出来上がったのか興味のある方はお声掛けください。 


今度はもっと明るい未来の話を書いていきたいと思っています!

昨日だけでブログを32件投稿できました。
自分の中でかなりの加速の体感がありました。

ひとえにこれは「ゴール設定とwant toの力」を引き出せたからだと思っています。

コーチング理論を学び、それを実際に自分で利用することがだんだんうまくなってきています。
理論を体感に移すコツを掴んだ感覚です。

どのようにすれば思い通りに現実化できるか、まさしくマインドの使い方です。
それさえうまくいけば、何だってできるというエフィカシーもかなり高まっています。

これは自分だけでなく、クライアントさんに自分の思い描くゴールを達成してもらうのも、もっとうまくいくようになると確信しています。 

もっともっといきます!
これからのコーチングにますます期待です! 

コーチングとは、シンプルに言うと「ゴールを設定して、ゴールを達成するだけ」です。

サッカーは「ボールを蹴って、ゴールに入れるだけ」です。

こんなことを言うとそんなに単純じゃない!って怒られるかも知れませんが、そのことを忘れてはいけないと思うのです。


コーチングにもいろいろな技術があります。
サッカーにも、ドリブルから相手をかわす、正確にボールを蹴るなどのいろいろな技術があるでしょう。

その時に自分がゴールするシーンをイメージできていますか?
何のためにボールを蹴るのですか?
低い抽象度に囚われず、抽象度を上げて本来の目的を忘れないようにしましょう。


ボールをゴールに向かって蹴らなければ絶対入らないのです。
コーチングなら、ゴールを設定しなければ絶対にゴールは達成できないのです。

小手先のテクニックに惑わされず、強烈にゴールを達成するイメージを常に持つことが大切です!

ついつい評価を考える時に100点満点で考える癖がついていませんか?

あの人と比べて自分はこのくらいだから、まずまずの70点とか。
今回はかなりよくできたから90点とか。

100点を目指す限り100点は取れないし、取れても100点が限界。
目指すのは限界の先、1万点でもいいじゃない!


自分の基準は自分で作る 

小学生の頃いつも疑問に思っていました。
「どうして100点以上は取れないのだろう?」と。
どんなに勉強しても100点を超えた点数を取ることはできないんですよね。

唯一の楽しみは、他に誰も解けなかった問題を自分だけが解けた時。
それも、与えられた中で得られたものでしかなかった。
100点が限界なのは学校の中の話。

本当のゴールは現状の外、限界の先の限界、さらにその先へ! 

↑このページのトップヘ