苫米地式コーチングを地球全体に広めるアースコーチングのブログ

認知科学者の苫米地英人博士が広められている苫米地式コーチングをさらに加速させるブログです。 ブログ開設時の私のゴールは「地球を”want to大陸”として一つに統合する」 です! アースコーチング設立時のゴールは「地球をひとつの家族にする」です。 苫米地英人博士並びに青山龍マスターコーチから直接ご指導をいただいています。 メールアドレス:earthcoaching.com@gmail.com コーチングに興味がある方はお気軽にメールください。 コーチングで激変していく人生の楽しさをお伝えしたいです! 苫米地式コーチング認定コーチ/アースコーチング代表 於土井洋輝

2015年09月

お待たせしました。
『「答えを教えてはいけない」を教えてはいけない』の記事の続きを書いていきたいと思います。

書きたいことがたくさん出てきて、気付いたら1週間も経っていたんですね。時間の流れがとても早くてビックリしました。

「答えを教えてはいけない」という教えに関して、自分なりに気付いたことがあって、それもコーチングの真髄だという確信が自分の中にありました。

青山龍マスターコーチ、そして苫米地博士にも報告してお返事をいただけて、自分の中の確信度がさらに上昇しました。

ただ、ここで全てを言っても伝わらないし意味がないと思い、どう伝えるべきかをずっと考えていました。

あくまでも私の体感ですが、これに気付けた時、コーチは人の上に立って教えるような立場ではなく、傲慢さが微塵もなくなって、完全にサポートするだけの存在だということが心の底から理解できました。

これは体感なので、聞いただけでは分からないし、ぜひあなた自身の答えを出していただきたいと思ったので、あえて深くは言わないことにします。

ただ、コーチング理論をしっかりと学んでコーチングの数をこなしていくことで必ず辿り着けると確信しています。

まだコーチングをご存知ない方でも、ご興味がありましたらコーチングを受けたり学んでみると、きっと新しい世界が見えてくると思います。

ご自分自身を信じてコーチングを続けていってください。
その時には気付いたら「本当の答えはあなたの中にありますよ」とコーチングのように記事をまとめたいと思います。

【閲覧注意】
この記事には人によってはショッキングな表現が含まれています。
勝手にお金のスコトーマが外れてしまう可能性がありますので、現状のコンフォートゾーンに留まりたい方はこの先は決して見ないでください。



苫米地博士の著書『君は1万円札を破れるか?』にて、

「まず、財布から1万円札を取り出して、破り捨ててください。」

という一文があります。

(「1万円札を破るのなんて簡単でしょ?」といった感じで、サラッと書いてあるのが好きですね)


これができない人は「お金に絶対的な価値がある」と洗脳されている人です。

お金はあくまでも情報であって、それ自体に絶対的な価値はありません。

1万円札を破ることによって確実にお金に対するスコトーマが外れます。


最初は半信半疑でしたが、私の場合は劇的な効果がありました。

1万円札を破ってから2週間後に、苫米地博士の超高額な講座の案内がありました。
魅力的な内容でしたが、あまりにも高額でその時の自分には支払うことができませんでした。
そこからはホメオスタシスとの闘いで、行きたい自分と「自分にはそこまで興味がない」などと言い訳をする自分がいました。

ネットバンクにログインしようとしても、覚えているはずの暗証番号を何回もエラーしたり、番号のメモも見つからなくて、「本当に見えなくなるのだな」と思いました。

潜在意識の抵抗を意識化することができたので、「これはチャンスだ!」と直感で感じました。

青山龍マスターコーチがYouTubeに上げられている『お金のスコトーマを外すためのポイントとは?』という動画の中で「苫米地博士の高額セミナーにあえてそこに飛び込んでみる」とおっしゃられていたので、そのことにも後押しされました。


結果として、そこから何とか目処をつけてお金を用意することができました。
支払った直後は手と全身が震えて、「これがコンフォートゾーンが移行した感覚か!」というのを体感しました。
かなりぐったりしたので、コンフォートゾーンの移行にはエネルギーがいるのかも知れませんね。
でも、とても爽やかな気持ちでした。


そこからはお金に関しては完全にタガが外れましたね。
本来ならブレーキを踏まないといけないところで、思いっ切りフルスロットルしました!

普通の人から見たら完全に頭オカシイと思われますが、現状に留まろうとするその人たちとは逆方向を目指しているのですから、その反応が見られると私はむしろラッキーに感じます。
ドリームキラーが現れても抽象度を上げて、何を意図しているのかが分かれば「そんなの無理」→「今まで誰もやったことない」などに変換できて、実はヒントだと気付けます。
ドリームキラーを無意識の代弁者という存在として捉えることができれば、アドバイザーとしてこれほど心強い存在はないと私は思います。

向かい風も地面に着いて一生懸命走ろうとするから辛いんです。「逆風の方が飛行機は遠くまで飛べる」のです。

無視するのもひとつの手ですが、何事も使いようなので、何でも利用できるものは利用してしまえばいいと思います。


何ものにも縛られず、誰もがもっと人間らしく本来の自分を生きてほしいという想いがより強くなりました。

これからも改めてコーチとして活動していきます。
あなたのゴールもどんどん応援していきますので、どうぞよろしくお願いします!

ありがとうございます!

「自由の翼を手に入れるためのチケット」パスポートを手に入れました。

今すぐに外国に行く予定はないのですが、ゴール側の自分は世界で活躍している存在なので、当然持っているはずです。
ひとつずつ前へ進んで、逆側からも埋めていくことで、ゴールへとさらに加速するのを感じます。

ハワイ、パリには行くはずなので、現在は英語を勉強しています。
(なぜその2都市なのかは1年以内くらいに分かると思います)


今日はふと閃いて、とあるイベントのためのデザインを作成しました。
最近ずっと絵を書いていたのですが、まさかそこと縁起が繋がるとは思ってもいませんでした。

デザイナーの視点で見ると、世の中に出ているポスターなどは本当に素晴らしいものばかりだと感心させられます。

作る側の目線に立つと、抽象度を上げて物事を見ることができるのでおすすめです。

作ったデザインがお披露目されるかは分かりませんが、「何でもやろうと思えば結構余裕で出来る」ことが"再確認"でき、またひとつエフィカシーが上昇した体験でした。

おめでとうございます!

コーチングを受けた、あるいは学び始めた時点でゴールに到達するためのチケットを、あなたは既に手にしていることに気付くでしょう。
それを失くさないように、常に大事に持ち続けていてください。


あとは自分のペースでゴールに辿り着くだけです。

ゴールに到達することは約束されているのだから焦る必要はありません。

ただ、ルートが決まっていないということは知っておいた方がいいです。
そのため、思いがけないものに出会うこともありますが、ビックリしなくて大丈夫ですよ。

せっかくの旅なので、途中に見える景色も楽しんでください。
そのぐらい余裕があるくらいでちょうどいいのです。


大切なことをひとつ。
チケットにゴールを書き込むことを忘れてはいけませんよ。
途中で書き直したり、いくつ書き込むのも自由です。
それは唯一あなただけのものですから。

イメージすればほら、ゴールを達成した笑顔の自分がそこに浮かび上がってきませんか?

ワクワクするゴールなら、その道中もきっと楽しいはずですね。
どうかよい旅を。心から応援しています!

失敗は今(過去)の解釈にしか過ぎません。
失敗だったかどうかは未来が決めるのです。

たとえ恋人にフラれても、会社の面接に落ちたとしても、未来にもっと良い結果が待っています。
今目の前の結果に執着する必要は全くありません。
ただゴールを達成する自分だけを信じて、高いエフィカシーを保ち続けていればそれで大丈夫です。


コーチングを実践していると、過去とどんどん縁起が繋がっていくようです。

ふと思い出した言葉があります。


「思い描く未来の確かさに比べたら、今目の前の現実なんかなんだ!」


中学生の時の恩師からいただいた言葉。
今目の前にあるものが全てだったあの頃。 
当時はよく意味が分からないまま、それでもずっと心の中に残っていました。

コーチングを学んで、やっと本当の意味を理解することができました。

ずいぶん長い時間がかかってしまったけど、ようやくこの言葉と出会えた気がします。
ずいぶん遠い背中だったけど、これで少しは追いつくことができましたか、先生。

↑このページのトップヘ