同じことを繰り返したり長い時間行っている時や、
習慣の行動をしている時に、「もう飽きたな」と感じることはないでしょうか。


私は、朝に時間をかけてアファメーションをする習慣を作っているのですが、
何十回・何十分も言い続けていると、途中でふっと「飽きてきた」と感じるタイミングがあります。

みなさんも「疲れた」「もういい。わかった、わかった」などのつぶやきが出てくることがあると思います。
よく考えてみると、それって実はすごく重要なサインなんです。

「疲れた」→顕在意識が疲れて、無意識に切り替わるタイミング
「わかった、わかった」→それこそ無意識が「わかった」と認めている証拠

になるので、そういう兆候が出てきたら、私はあえて続けるようにしています。
そこからは潜在意識に切り替わっているので、徹底的に刷り込むことができる大事なチャンスになります。

飽きてきたと感じてからが本当の勝負。
ものすごくよく効きますよ。