コーチングの1大イベント「コーチングサミット2016」が大盛況のうちに終了しました。

サミットにご参加いただいた方、
ブースにお越しいただいた方、
関係者のみなさま、
コーチングに関わる全ての方々、
本当にありがとうございました。

大変な雨の中でも多くの方にご来場いただきました。
本日は、いろいろなコーチの方とお話しして、本を読んだだけでは分からない様々な体験をされたと思います。
例えば、このどしゃ降りの雨の中、わざわざコーチングサミットに来た。それは本当にやりたいことじゃなかったら、きっと来てないですよね。という話をして、それがwant toという体感なんですよ、とお伝えしました。

ブースでは、コーチングの知識を体感できるエピソードをたくさんお話ししました。
ゴールの大切さ、スコトーマが外れる感覚、want to、エフィカシー、臨場感の上げ方・・・などなど。
本には書かれていないコーチングにおける隠れたポイントや私自身が実践して得られた経験をお伝えしました。
実際に割れたiPhoneもお見せしましたね。


今日改めて思ったことは「やっぱりコーチングって最高だな」でした。
今日1日だけで非常にたくさんの方とお話しさせていただいて、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。特に私のブースにはひっきりなしに来ていただいて、ずっと待っていただいたり、時には3人同時にお話しさせていただく場面も。
各ブースを回って写真を撮っていたスタッフの方に、「ブースが空いている時に写真を撮って回っているのだけど、あなたの所はいつも満員で最後になってしまった」とおっしゃっていただいた時はとてもエフィカシーが上がりました。


昨年のコーチングサミットではまだコーチングを学んだことすらなかった自分が今年はコーチとして、プレゼンする立場にいる。
それってまさに激変だと思います。

変革は一瞬。
変わると決めた瞬間に変化は起こっています。
実は、本日お越しいただいた方の中に、深夜にも関わらず早速ご報告のメールをくださった方がいます。
この短い時間の中で様々なことが身の回りに起こったそうです。今日ゴール設定をしたことでコンフォートゾーンが動き、既にゴールに向かって進み始めていらっしゃいます。ゴールを達成するために今まで思いつかなかったいろいろなアイディアが出たり、いつの間にか行動していたり。言葉の節々にエフィカシーやwant toを強烈に感じて、すごいなと思いました。
そうやってゴールをワクワクしながら達成しているクライアントさんを見るのは、いつ見ても本当に嬉しいものです。
ありがとうございますと言われるのですが、逆にこちらが感謝してしまうほどです。

自分自身の新しいゴールも見えました。
ひとまず来年のコーチングサミットでは講演する立場にいます。そちらの方がさらに面白そうですよね。
他にも様々なアイディアが出てきたので、ワクワクしながらどんどん達成していきます。

こうやって笑いながら未来の話ができる。こんなに嬉しいことはないです。
苫米地博士、ルータイス、青山コーチやコーチングに関わる全ての方々に本当に感謝しています。

コーチングサミットに参加された方は、今回つかまれた感覚をぜひ大切にしてください。
それは今後の人生を送る上で貴重な財産になります。
みなさまのますますのご活躍を心から応援しております。

本日は本当にありがとうございました。

苫米地式コーチング認定コーチ/アースコーチング代表
於土井洋輝

image