絵の上手な漫画家さんの本を買ってきて、まるまる一冊模写するという試みをしてみました。絵の上達のためだったのですが、意外な発見がありました。

それは、普段気にも止めないような小物や背景とか、ものすごく細かく書き込まれているのに気付いて、スコトーマ外し&臨場感アップになりました。
また、その漫画家さんがライブドローイングされているのを直前にYouTubeで見ていたので、描いている時の息遣いまで分かりました!

苫米地博士の本も模写してみたのですが、話すようにリズムが取ってあるとか、かなり丁寧な口調で書いている時は抽象度を落として分かりやすいように配慮していることなど、たくさんの気付きがありました。

一字一句書いていくので、今まで見えていなかった部分があって、そこが自分の知識のスコトーマになっていたのだなと思いました。
自分の余計な思考が入らないので、スコトーマなしに知識を身につけるのにも役立つと思いました。

また、無心で模写をしていると、時々作者の思考の中に入れる感覚があります。
自分の枠組みから抜け出して、一気に世界がシフトする体感です。

一流の呼吸を身につける、「模写」おすすめです。


ただ、模写は練習方法としてはいいけど、「模写の練習」になってはいけないと書かれていました。人間はある程度真似して描くことは得意だから、上手な模写なら誰でも出来る。真似するだけで満足せず、あくまでもオリジナルの作品を生み出すために技術を学んでいるのだということを意識することが大事だそうです。
模倣の落とし穴に気を付け、しっかりと自分の中に落とし込んでいきたいと思います。